仕掛け(イカダ釣り)

  1. 筏釣りとは
  2. 最新釣果
  3. 道具・えさ
  4. 仕掛け
  5. 釣場所
  6. 料金

トップページへ戻る

仕掛け

1.
船釣用として使いますが、アジ,鯛どちらも小型を主として釣る為に使います、餌はオキアミをつけますが底で餌が取れても鯖皮を擬餌としているので餌が無くても釣れる時もあります。
2.
一般に言われる中型のアジを中心に釣る場合に良いです,アジ以外に小鯛、イサギ、ヒラメ、マトウ鯛もこの仕掛けで釣れます、サビキですので餌は必要ありません、撒餌籠にて撒餌をします。殆どが船釣りにて使うのが良いです。
3.
この仕掛けで釣れるものは主としてキス,カレイです針は8号ですが7号から9号が一般によく使われます、船、筏、どちらにも使えます餌は石ゴカイ、青イソメです。
4.
これはアオリイカ専用の釣り針です,この仕掛けは扱いが難しいので誰かよく知っている人、船頭さんに聞いたほうが良いでしょう、アオリイカは場所によって釣れる時期が違います、当地では9月から12月まで、船、筏、波止、磯と何処でも釣れるものです、特に船、筏が良いでしょう。餌は生きたアジが良いです。
5.
5センチくらいから10センチ程度の 小あじを釣るのによく使われます、餌は必要あませんが、まき餌としてアミエビが撒餌籠にてまかれます、船、筏、波止釣りにてよく使われます。
6.
船釣りにて真鯛,ハマチ、ヒラマサなどを狙いますこの仕掛けはハリスが細くとも4号で上は12号まであります釣れる大きさによって使い分けます,1.2.3.4.5.7.と同じく一番下にオモリをつけますので大物でもあまり暴れませんので釣り易いのと、一度に数匹掛かることもあります、 当地の真鯛ねらいは殆どこれが主です、船釣りのみに使われています、餌はオキアミが殆どです。
7.
船釣りにて真鯛ねらいに使い,この仕掛けは道糸とこの仕掛けをつなぐだけで何も通常はつけません、いわゆるフカセ専用の物でハリスの長さが6メートルから10メートルのものまであります、釣れる魚も大きいのですがポイントに届くまで時間かかかります、しかし食いが渋いときなどはこの仕掛けに限ります、もちろん餌はオキアミです。
8.
夜釣りにマイカを釣ります,イカの大きさによって針の大きさを変えると良いでしょう、一般には船頭さんが持っていますので御願いするほうが良いと思います、他のイカも掛かりますがマイカが中心です、扱いにくいので3本針でも良いです、擬餌ですので餌は使いません、一番下に錘をつけます、30号から60号までぐらい使います、手釣り、サオ釣りどちらにも使えます。
9.
8番と同じ ですがこれは剣先イカ、小型のスルメイカ釣りに使います、ケンサキイカなどは冬場昼間に釣れますのでこの仕掛けが良いです。
10.11.
筏釣でチヌを釣るときに使うもので初めから針にハリスがセットされていますのでこのまま道糸にサルカンにてつなぐと良いです、針は2号から6号までぐらいでハリスは1号から3号までぐらいです、当地では針3から4号、ハリス1号から2号ぐらいが多いです。チヌ以外にアジ、キスなども釣れます。