道具・えさ(イカダ釣り)

  1. 筏釣りとは
  2. 最新釣果
  3. 道具・えさ
  4. 仕掛け
  5. 釣場所
  6. 料金

トップページへ戻る

エサ

このエサはアミエビと呼ばれ直接針にかけてエサとするものではなく撒餌カゴ、又他のものとの混ぜ合わせにて撒きエサとして使われるもので集魚効果は抜群である、一般にはコンクリートブロック程度の大きさが主で販売されているがこの絵のように半分くらいのもあり又、其の半分もあります、値段は300円ぐらいから1,000程度です、塩漬けしたものもありますがあまり好ましくありません。船釣、波止釣、筏釣、磯釣とあらゆる釣に使われます。
オキアミと言います、このエサも万能エサでこのエサに勝るものは今では他にありません、絵のものは刺し餌用で大きさなどを選別して揃えた物で300円程度です、主として真鯛、ハマチ、ヒラマサ、オキメバル、黒鯛、グレ釣等には必需品です、通常は冷凍で保管されており使用時には解凍して使います、この他にボイルしたものも有りますが餌もちはいいのですがあまり食い気が良くなく好まれません、しかし餌採りの多いときには効果があります、針に刺すときは一匹がけが良いでしょう。
アケミ貝といいます、殆ど筏などの黒鯛釣に使われます、一般にはキロ単位で販売されており値段はキロ800円から1,000円ぐらいです、二枚貝ですの指又は、専用道具で開いて貝殻の半分を取り去り身の方を針に掛け赤土団子で包みます、大物を狙ったり餌採りが多いときには丸貝に針を差込そのままで釣をするときもあります。
黒鯛以外にはあまり釣り餌としては必要性がありませんので不必要に購入しないほうが良いでしょう、最近は国産物が少なくなり輸入物が多いです、大小の違いがあるもののどちらも釣人の好みであり変わりはありません。
これと言って決まった名前はありません、製造する会社が製品名を付けているだけです、もともとは赤土にサナギを混ぜて使用時に少し水を入れて団子状にして上のアケミ貝を包んだり、団子のまま投入し黒鯛の撒き餌とするものです、これも筏釣、波止釣のチヌ釣のみに有効ですので他の釣には不必要です。最近はいろいろなものを混ぜ合わせた物が多く使いやすくなっています。値段は2,000円前後です。
冷凍されたサナギ、他に冷凍でないものもあります、黒鯛釣にもっとも使われ現物そのままで針に一つ又は、房掛けにて使います、時期によって使い分けますが餌採りなどが多いときには効果的です、釣れる魚もやや大きめのものが釣れます、他にミンチにして他の撒き餌といっしょに混ぜ合わせて使われます。値段は100円のものから300円程度と餌としてはもっとも安いものです、特有の匂いがあり手につくと嫌な感じのときもあります。
コンクリートブロックサイズの冷凍されたオキアミ、この餌は餌としては最も万能な餌であり何釣にも可能であります、一粒の大きさはいろいろあり揃った物ではありません、解凍して粒のいいものは刺し餌として使い同時に撒き餌としても使われます、特有のアクが強い為手につくと被れてしまう人もいますので使用後は手洗いをしたほうが良いでしょう。値段は物により差があり600円から1、200円ぐらいです。半日船などで釣をした場合は1人このサイズ2個あれば概ね足ります、別に専用の刺し餌の購入は必要ありません。
シラサ海老と言い、淡水産のもので筏釣、波止釣などでチヌ、スズキ、メバル釣等に主として使われます、専用のエアーポンプのついたの入れ物にて生きている状態で使われます、何合という単位で販売されており概ね1から2合もあれば足ります一合700から1,000円程度です。刺し餌が主ですが生きたままで撒き餌としても使われる釣方もあります。
ボケと言い通常はチヌ狙いの餌として使います、針に一匹がけが基本で生きたまま使います、採れる時期が限定される為販売している店がない場合もあります、シャコによく似ていますがしゃこではありません、この餌に釣れるチヌは大型がおおく春の乗込みチヌ釣によく使われます。ひじょうに高価なものですので一匹単位で販売されております、一匹30円から50円程度です、通常補助の餌として使う為20から40匹もあれば足りるでしょう。

タックル

これは筏釣り用に作られた竿受けであり仕様用途から見ても殆ど筏釣以外には使われることは無いし又、筏以外では使用できないような作りとなっている。
値段は2,000円程度ある。
筏釣、などの小物用のたもであり値段も安く取り扱いもしやすい、しかしながらどのたもも漁師が使っているような本来のたもとしての原理にあった物は殆ど市販されてはいませんが、通常はこの程度でよいものである。
値段は1,000円程度
黒鯛釣専用に作られた筏釣の竿で長さが1.6mから2.1mまでがある、この竿でハリス1号から3号程度までのチヌ釣用に使用出来ます、穂先が針のように細いため取り扱いにはある程度気をつけたほうが好ましい。
値段は3,000円~6,000円ぐらい
これも筏での黒鯛釣専用の両軸リールであり、道糸1号から4号までを50mから200m程度まくことができる、細い道糸を使うときはこのような両軸リールが適切である、しかしながら遠投などをするときは不適切である。
値段はメーカー、種類によって異なるが3,000円~6,000円程度である。
船釣専用といっても過言ではないがあらゆる釣に利用できる世界でもトップクラスのリールでありこの一つがあればほとんどの釣に対応できます。とっても優れたドラッグ性、両軸でありながら遠投も可能である、めったにバックラッシュすることも無い、しかし値段は高価で30,000円程度する。
船専用の真鯛、ヒラマサ、ハマチ、アジ、ヒラメ釣等に使われて長さが3.3mから3.9mまである、オモリ負荷により強さが変わるので釣り場に合ったものを使うと良い、当地ではオモリ負荷30号から50号程度であり軽いもの程よい、値段、種類も豊富で8,000円から50,000円程度まである。